Top



◆ 2012.10.3 辛い季節

d0123969_1626342.jpg
10月になりました。
shellの具合が丁度悪くなり始めた時期になり、shellの事を毎日思い出しています。
1年が経とうとしているなんて・・・まだまだ昨日の事のように毎日の事が鮮明に浮かんできます。
必死で書いた記録や気持ちの変化ですが、恐いのかな?あれから一度も開いていません。
きっと支離滅裂な言葉になっているんだろうなぁ~、お恥ずかしい限りです^_^;

日が経つにつれて、もっと何か出来たのではないか??
なんでもっと早く気がついてあげられなかったのか?と思う気持ちは強くなり
すまなかったと思う気持ちが強くなって、今でも辛く思う事があります。
shellの前の子は、来月15歳と言う時に亡くなりました。
年齢なんて関係ないよ~と、心の中では思うのですが、、
まだまだ寿命には早い10歳という年齢、やはり思いを強く残してしまいます。
弱いですね・・・どこかにこの悲しみの救いを求めてしまいます。

shellとは、良く言えば一心同体のような密接な関係でした。
正直、多分beatとはちょっと違う気持ちの関係があったと思います。
shellの影を引きずったまま迎えてしまったpearlには、随分助けてもらいました。

8月の終りに、友人のワンさんとのお別れに少し深く関わってしまいました。
shellの時にもとっても親身になってくれた30年近くになるお友達。
最後をどう迎えるか?病状によってもかなり違うと思いますが
人間も動物も同じで、とても悲しくて、とても大変で、、死ぬって大変なんです。

私が一番思った事は、ひとりでは絶対に逝かせないという思い。
色々な事情があってそれも出来なかった方も居る中、最後の願いはかないました。

変性性脊髄症になってしまったコーギーのMaxとの3年あまりの生活は頭の下がる思いです。
どうしたらMaxが楽になるか?介護がし易くなるか?と。
麻痺がゆっくりと進んでいく中で、辛い日々だったと思います。
肺に麻痺が来た時は、苦しくなる前に安楽死という選択もという先生からの言葉が
頭の中で行ったり来たりしてしまい、苦しい毎日だったと思います。

それでも寝たきりで動けない状態の中、お家で酸素の筒を口の側に当てながら家族と過ごし
shellと同じく、普段食べられないような美味しいものを食べて、わがままいっぱい。
私が行くと、出なくなった声でワンワン吠えて、触れ触れコールをし
そんなMaxの首筋を、ぐちゃぐちゃに撫でると喜び満足し
母も笑みがこぼれる日があったり、ちゃんと5日間のお別れの時間を残してくれました。

d0123969_16173995.jpg
shellとはもう会えたかな~?
こんな風に遊んでるかな^^。
[PR]
by shellmam | 2012-10-03 15:15 | shell&mam
<< ◆ 2012.10.7 反省。。。 ◆ 2012.9.29 運動会... >>


気ままにGO!
by shellmam
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
        

Beat:11 & Pearl:4
 

Shell:10
2001.4.8-2011.10.22
shell 風になる

Memory
  Shell's Wave
 
カテゴリ
全体
beat
pearl
beat&pearl
shell&mam
shell&beat
楽しいお出掛け
美味しいメモ
何気ない日常
myself
お泊り
お友達
病院通いと気になるメモ
ゴルフ
ワークショップ
フォロー中のブログ
Hand in paw ...
DOG * TRAIL
あれこれ...
本日まく日和
犬たちの通院記録
riki&aloha's...
Herbie's Del...
FREE AS A DO...
*Paw*
エッちゃん家(ち)ぱーと...
☆ぴったんふぃーるど☆
Friends
以前の記事
2016年 05月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
more...
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧